メルカリでソフトケース入りギターを売る時の梱包と発送方法まとめ

メルカリ民としてかれこれ30万円ぶんくらい売ったので大物にチャレンジしてみようということでエレキギターを出品したらめちゃくちゃ大変だったので、その時のことをシェア。

まず初めに2018年9月の段階でソフトケース入りのエレキギターはらくらくメルカリ便ではほぼ送ることは不可能です。

何故ならヤマトがソフトケースでの配達を原則拒否しているからです、大型の家具を取り扱うメルカリ便も楽器は対象外になっているので、これも無理。なので基本的にそれ以外の手段で送らなければいけません。結論から言うと、

僕はゆうパックでソフトケース入りのエレキギターを発送しました。

それまでに至る顛末がめちゃくちゃ大変だったので、ざっくり要点を話しますと。

  1. 出品時にいつもの癖で送料を出品者負担で出してしまうと、配送先情報を相手方に確認しなければいけないので。発送は着払いを選択しておく。
  2. ネットでは結構大丈夫といわれていてもダメな所があるので出品前に最寄りの営業所に電話して、ソフトケースのエレキギターを取り扱ってもらえるか確認
  3. 梱包用資材を前もって準備しておく

の3点が大事です。

メルカリでギターを売る時の注意点

①は意外と落とし穴で、お金云々よりも配送先情報がもらえないので、配送方法を変更したい時に融通が効きづらくなります。

②は本当に前もって確認しておいたほうがいいです、最悪近くの営業所が全部取り扱ってもらえない場合は手詰まりになる可能性すらあります。僕は佐川ならいけるだろうとたかをくくって電話したら、あっさり拒否されて、ヤマトももちろんダメで、途方にくれて、前述の通り滑り込みで郵便局に受け付けてもらえました。ただし営業所によっては郵便局でもダメといわれる可能性もあるので必ず確認しましょう。

③は具体的にどんな感じで梱包したかと言うと。

まずプチプチでくるみます。僕はジャンク扱いでギターを売ったので状態はそんなにシビアではありませんでしたが、弦を外したまま発送したので、ブリッジ辺りをマスキングテーブで固定して(別の袋に梱包するでも可)あとマスキングテープでも本体に直接は貼らない方が得策です。僕はピックアップカバーのプラスチックの部分に貼りました。

梱包の仕方は前もって取引相手と相談するか、販売時の商品説明に記入しておくとトラブルが無いかと思います。

そしてそれをソフトケースにぶち込んで。

ペットボトルが入ってるダンボールを近くのお店でもらってきます。(ダンボールももらえない可能性もあるのでこれも要確認)ちなみにギター専用ダンボールも売ってるので、これの金額分上乗せして売る方がかなり楽で安心だと思います。

でダンボールに緩衝材を詰める、僕はサウンドハウスで買い物した時の紙の緩衝材を使いました、余ったプチプチや新聞紙でもよいと思います。

そんで上からもダンボールを被せてテーブでぐるぐる巻きにする。

完成!送料は2000円程でしたよ。

僕はここまでしていざ発送となった時に断られたのでとても焦りました。同じようなピンチの人の助けになれば幸いです。

ハードケース入りのギターはハードケースにプチプチを巻いてダンボールに入れれば割とどこの業者でも取り扱ってもらえるようなので、そんなに心配は無用かと思います。

疲れたけど良い経験になりました…。

関連記事