藤原聡(Official髭男dism)-使用機材-

日本のシンガー/キーボディストで、Official髭男dismのボーカル。2019年リリースの”Pretender”総再生回数が3億回を超え、2020年リリースの”I Love…”は市場最速で1億再生を突破するなど、若者を中心に絶大な支持を誇る。この記事では圧倒的な歌唱力と、歌心抜群のキーボードなど魅力に溢れる彼の、音楽を支える機材にスポットを当てる。

使用機材

《Microphone》

Condensor Microphone(4)
◎Braunerの真空管コンデンサーマイク。YouTubeにアップロードされているいくつかのレコーディング風景に確認できるマイク。ドイツ製の最高級マイクだ。

Chandler Limited REDD MICROPHONE
created by Rinker
◎こちらも真空管コンデンサーマイク。レコーディング風景にたびたび登場することから、こちらのマイクもよく使われているようだ。

◎ノイマンの真空管マイク。Braunerと同じく”Pretender”のレコーディング風景で設置されている。並べたマイクの中から楽曲にあったマイクをチョイスしたのだろう。

TELEFUNKEN ELA M 251E
created by Rinker
◎こちらもレコーディング風景に確認できる。真空管マイクが多いことから、彼の声と相性がいいのだろう。
Dynamic Microphone(1)
◎Shureのダイナミック。ライブ用のマイクはワイヤレスが多く、ライブごとに異なったマイクを使っているため、特定のモデルというのはなさそうだ。BETA58タイプのワイヤレスマイクも使用しているのが確認できた。

《Keyboards & Synth》

Keyboard & Synth(3)
◎こちらも”Pretender”のレコーディングドキュメントに確認できる。ピアノの音色はこちらを使ったようだ。

Minimoog Voyager Performer Edition
created by Rinker
◎moogのシンセ。”Pretender”の印象的なシンセソロはこのシンセで録音された。

◎Instagramのライブで使用している鍵盤。詳しいモデルまでは判別がつかないが、コントロール部の位置などからこのモデルではないだろうか。

《Guitar》

Guitar(1)
created by Rinker
ギブソン(GIBSON)
◎ライブでアコースティックギター抱えている姿が確認できる。特徴的なピックガードな形から、このモデルだと推察される。

《Studio Equipment》

Monitor Headphone(2)
created by Rinker
デノン(Denon)
◎DENONのモニターヘッドフォン。制作から歌録りまで愛用しているようだ。

created by Rinker
ソニー(SONY)
◎SONYのモニターヘッドフォン。レコーディング風景に確認できる。定番のモデルだ。
Monitor Speaker(1)
created by Rinker
IK Multimedia(アイケーマルチメディア)
◎Instagramのライブ内で確認できるモニタースピーカー。鍵盤のアンプとしても使われているのではないだろうか。
MIDI Keyboards(2)
◎NIのMIDI鍵盤。”Pretender”のレコーディングドキュメントに確認できる。

created by Rinker
IK Multimedia(アイケーマルチメディア)
◎iRIGのMIDI鍵盤。Instagramの画像に確認できる。コンパクトで持ち運びがしやすいモデル。
Audio Interface(1)
◎インスタライブでiLoudの上に乗っているのが確認できる。表面の色からMk2かXと思われるが、値段も然程変わらないため、買う場合は最新機をチョイスしよう。
DAW(1)
Logic Pro X
created by Rinker
◎使用DAWはLogicだ。Instagramやレコーディング風景などでも確認できる、かなり前から愛用しているようだ。
PC(1)
created by Rinker
Apple(アップル)
◎Logicユーザーであれば使用PCはMacだ。Instagramの画像にも確認できる。

参考資料

View this post on Instagram

ありがとうございました!!

A post shared by Satoshi Fujihara (@satoshi_higedan) on

藤原聡(Official髭男dism)× DENON(Real-wood Series)
https://www.digimart.net/magazine/article/2019030103588.html