Charlie Puth -使用機材-

アメリカ出身のシンガー/プロデューサー。2018年リリースの”Voicenotes”のパワープレイで、日本でも一躍有名になった。kehlaniやSerena Gomeらとの現代的な音像のコラボレーションだけでなく、James Taylor,Boyz Ⅱ Menなどレジェンドアーティストとの共演を通して70s/80sへのリスペクトを感じさせるサウンドを作り上げている。彼のサウンドを支える機材にスポットをあてる。

使用機材

《Microphones》

Dynamic Microphone(2)
◎Shureのダイナミックマイク。ライブ用マイクとして使用している姿が確認できる。

◎こちらもライブでの使用が確認できる。世界一有名なダイナミックマイクだ。
Condensor Microphone(1)
◎ノイマンのチューブマイク。ホームスタジオ内に設置されているのが確認できる。

《Guitar》

Guitar(1)
◎自宅からの配信映像で確認できる。詳細なモデルまでは把握できないが、ヘッドロゴやピックガードからTaylor。トップ板の様子から214ce程度のモデルではないかと考えられる。

《Keyboards & Synth》

Keyboard(2)
Nord Stage 2
created by Rinker
◎ノードのステージキーボード。ライブや自宅スタジオで姿が確認できる。現在は後継機種が発売されている。
Nord Electro 5D
created by Rinker
◎こちらもライブでの使用が確認できる。
Synth(2)
Roland Juno-60
created by Rinker
◎大のシンセマニアを公言するチャーリーの、記念すべき最初の一台。”Attention”で実際に使われている他、多くの楽曲で使用されているようだ。現在は販売されておらず、国内外の中古市場でも大変人気がある機種だ。

Roland Juno-106
created by Rinker
◎こちらも同じくヴィンテージシンセ。同様に人気が高い機種でチャーリーのホームスタジオで姿が確認できる。

《Software & Plug-in》

Plug-ins(7)
◎スペクトラソニックスのベース音源。定番機種として人気が高くプロの間でも人気が高い。

◎こちらはピアノ系に特化した音源。制作風景のインタビュー動画でこのソフトが立ち上げられているのが確認できる。

WAVES CLA-76
created by Rinker
◎WAVESのコンプ。”Attention”の制作風景の中でボーカルトラックにインサートされているのが確認できる。

WAVES Renaissance Reverb
created by Rinker
◎定番のリバーブ。同様にインサートチャンネル内に確認できる。

Waves CLA Bass
created by Rinker
◎同様にベースパートにインサートされている。

Antares Auto-Tune 8
created by Rinker
◎ボーカルトラックにインサートされているプラグイン。恐らくUADで立ち上げられているのではないだろうか。

◎こちらも制作風景のインタビュー中に、PCの画面内に立ち上げられているのが確認できる。

《Studio Equipment》

Monitor Headphones(3)
◎定番のヘッドフォン。自宅からのライブ映像で確認できる。

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
◎自宅スタジオの制作風景の動画に確認できる。

◎Instagramに着用姿がアップされた。制作用というよりはリスニング用だろう。
Monitor Monitors(4)
◎ホームスタジオに確認できる。本格的なレコーディングルームに設置されているようだ。

◎同様にホームスタジオに確認できう。

◎ホームスタジオのデスクトップに確認できる。机に直置きしているようだ。

KRK VXT4
created by Rinker
◎こちらもホームスタジオ内に確認できる。いくつかの作業スペースにそれぞれ制作環境作っているようだ、KRKのモニターが多いので信頼しているのだろう。
Studio Equipment(4)
◎UAのラックタイプインターフェース。現在は後継機種が発売されている。

◎UAのデスクトップインターフェース。初代の物が確認できるが、性能が向上した後継機種が発売されている。

◎ラックマウントのコンプレッサー。定番の機種だ。

◎マイクプリアンプ。1176と組み合わせて使用しているようだ。
DAW(1)
◎DAWはProToolsを使用している。制作からミックスまで全てこのソフトで行なっているようだ。
PC(3)
created by Rinker
Apple(アップル)
◎主にデスク上に見られるのはシンプルなiMacだ。発熱や騒音などの兼ね合いで、負荷の高い作業はやはりデスクトップが安定するのだろう。

created by Rinker
Apple(アップル)
◎Instagramなどでラップトップを使用している姿も確認できる。

◎デスクトップに確認できる。
Other Gear(2)
◎HDD。ミュージシャンのデスクに確認できるオレンジ色の箱はだいたいこれ。

Apple iPhone
created by Rinker
◎”Voicenotes”の由来にもなった通り、ボイスメモ機能を使ってデモの制作に使っているようだ。

参考資料

YouTubeの動画で彼のホームスタジオの様子が確認できる。かなり充実したホームスタジオだ。

関連記事