Bruno Mars -使用機材-

アメリカ出身のシンガー/プロデューサー。グラミー賞を11回受賞し、2018年時点で1億8000万枚のシングルを売り上げるなど、名実共に世界のトップアーティストとしての地位を築きあげた彼の音楽を支える機材にスポットをあてる。

使用機材

《Microphone》

Dynamic Microphone(5)
◎ゼンハイザーのダイナミックマイク。ゼンハイザーのサイト内で”SKM 2000-XP”というモデルの945のカプセルをつけて使用したとの記載がある。ゼンハイザーのマイクは音や信頼度が素晴らしいと絶賛している。

Sennheiser SKM 9000
created by Rinker
◎2016年のグラミーや24k Magicでのステージで使用されたモデル。彼のツアーPAをつとめるChris RaboldやモニターエンジニアのRamon Moralesからも絶大な信頼を寄せられている。セッティングに時間の無いステージでのセッティングのし易さや、音質の完成度などが採用理由のようだ。

Sennheiser SKM 5200
created by Rinker
◎こちらもよく用いられるモデル。MD 5235のカプセルを採用した状態で使われることが多いようだ。ワイヤレスシステムはSennheiserのモデルが多いことが伺える。

◎”Treasure”のMVに登場するマイク。

◎Instagramのホテルでの制作風景に写っている。仮歌用だろう。

Condensor Microphone(2)
◎”Doo-Wops & Hooligans”のレコーディングで使用されたマイク。アルバムでエンジニアを務めたAri Levineがインタビューで語っている。

created by Rinker
アーカーゲー(AKG)
◎”Unorthodox Jukebox”のレコーディングドキュメントに姿が確認できる。定番として根強い人気のあるモデルだ。

《Guitar》

Guitars(9)
◎ライブでよく登場するサーフグリーンのストラト。詳しいスペックまでは解らないがメイプル指板でサーフグリーンのカラーのモデルだ。

Ernie Ball Music Man Albert Lee
created by Rinker
◎こちらもライブステージでよく見かけるギター。一風変わったシェイプのモデルだが、アルバート・リーのシグネイチャーモデルのようだ。

David Rusan’s The Cloud Guitar
created by Rinker
◎プリンスの追悼コンサートで使われたモデル。一目見てプリンスのものと解る特徴的なシェイプだ。

created by Rinker
キクタニミュージック
◎”Unorthodox Jukebox”のレコーディングドキュメントで彼が演奏する姿が写っている。

◎こちらも同様に映っている。白いボディにゴールドのピックガードのモデルだ。

◎”Grenade”のライブパフォーマンスで演奏しているアコースティックギター。

◎GUILDのアコースティックを抱える姿も写真に確認できる。

《Keyboards & Synth》

Keyboards & Synth(2)
Moog Minimoog Voyager Electric Blue Edition
created by Rinker
◎”24 Magic”のレコーディングに登場するシンセ。ベースラインを演奏するのに使っているのがこのモデルだ。

Roland Juno-106
created by Rinker
◎同じくレコーディング風景に登場するヴィンテージシンセ。シンセでコードを重ねるのに使っている。

《Plugin & Software》

Plugin(7)
Waves Renaissance Vox
created by Rinker
◎WAVESのボーカル用コンプレッサー。”Doo-Wops & Hooligans”のレコーディングインタビューでエンジニアである”Ari Levine”が語っている。

WAVES Renaissance Compressor
created by Rinker
◎WAVESのコンプ。こちらも同インタビュー内で語られている。高価なアウトボードなどは使わずこの2つしか使っていないとのこと。

Waves limiter L2
created by Rinker
◎WAVESのリミッター。同インタビューで名前が挙がっている。未だに根強いファンの多いリミッターだ。

◎こちらも名前が挙がっているEQプラグイン。

Line 6 Echo Farm
created by Rinker
soundtoys Echoboy
created by Rinker
◎ディレイはこの2つのモデルを使用したとのこと。

D‑Verb
created by Rinker
◎リバーブはProToolsに付属するリバーブ。”コンボリューションリバーブも試したけど、そんなに良い効果は得られなかった”とのこと。

《Studio Equipment》

Monitor Headphone(1)
◎YouTubeの”SiriusX”のスタジオセッションでモニター用に使われている。定番のモデルだ。
Mic Preamp & Channel Strip(5)
Manley Langevin Dual Vocal Combo
created by Rinker
◎Manleyのチャンネルストリップ。マイクプリアンプ/コンプレッサー/EQが1台にまとまったモデルで、こちらも”Doo-Wops〜”のレコーディングで使用されたハードウェアだ。

◎APIのマイクプリアンプ。APIの公式ツイッターに”24K Magic”のレコーディングに使われたとのツイートがある。

◎APIのEQ。こちらも同様に記載がある。

◎APIのギター/ベース用チャンネルストリップ/DI。こちらもTwitterに記載がある。
MIDI Keyboards(1)
created by Rinker
M-Audio (エムオーディオ)
◎Instagram内のホテルでの制作風景に確認できる。
DAW(1)
◎DAWはProToolsを使用している。
PC(1)
created by Rinker
Apple(アップル)
◎Instagramの制作風景に確認できる。

参考資料

Ari Levine & The Smeezingtons: Producing Bruno Mars
https://www.soundonsound.com/people/ari-levine-smeezingtons-producing-bruno-mars
“Doo-Wops & Hooligans”のレコーディングドキュメント。制作風景について詳しく書かれている。