Justin Timberlake -使用機材-

アメリカ合衆国出身の男性シンガー。グラミー賞を10冠/エミー賞を4冠獲得する無敵のエンターテイナー。2016年には、エグゼクティブプロデューサーも務めた映画『トロールズ』のテーマ曲”CAN’T STOP THE FEELING!”が世界的大ヒット、自身10冠目となるグラミー賞を受賞するなど、プロデューサーとしての地位も築き上げた彼の音楽を支える機材にフォーカスする。

使用機材

《Microphone》

Condensor Microphone(3)
created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
◎’Sexyback’のレコーディングに採用されたコンデンサーマイクロフォン。”いつもはU87をボーカルレコーディングに使うんだけど、ATに興味があってジャスティンの前に両方設置したんだ。ボーカルにかけたエフェクトのかかりが良かったのがATだったよ。”とSOSのJimmy Douglassのインタビューにある。

◎”Cry Me a River”で採用されたコンデンサーマイク。インタビュー内でエンジニアが”他のマイクはそれぞれにキャラクターがあって誰にでもフィットする訳ではないんだ、U87は誰の声でもよく録れるよ。”と語っている。

TELEFUNKEN ELA M 251E
created by Rinker
◎参考資料のレコーディング風景に確認できるモデル。

《Guitar》

Guitar(1)
◎彼が頻繁に手にするギブソンのアコースティック。大きなボディが特徴的なモデルだ。

《Plugin & Software》

Plugins(7)
UAD MXR Flanger/Doubler
created by Rinker
◎UAD版のMXRのフェイザープラグイン。”SexyBack”のレコーディングで使用されたプラグインのUADバージョンだ。こちらの方が手に入れやすいだろう。

iZotope Trash 1 Distortion Plugin
created by Rinker
◎”SexyBack”のレコーディングで使用されたプラグイン。ボーカルのサチュレーション目的で使用された。参考資料で詳細なセッティングも確認できるので、興味がある人は調べてみよう。

Waves MetaFlanger
created by Rinker
◎”SexyBack”のレコーディングで使用されたプラグイン。いくつかのプラグインと共に使用されたとの記述がある。

Waves Q10 Paragraphic Equalizer Plugin
created by Rinker
◎こちらも同様の記述がある。

Digidesign Avid Audio Impact
created by Rinker
◎こちらも同様の記述がある。SSLのコンプレッサーの効果を期待してインサートしたとのこと。

SoundToys FilterFreak
created by Rinker
◎こちらも同様に記述がある。素晴らしいサウンドとコメントがある。

WAVES Renaissance Reverb
created by Rinker
◎WAVESのリバーブ。”素晴らしいリバーブとは言えないけど、でも好きなんだ。良い意味でチープというか。へんてこなバッキングボーカルのサウンドはこれらのエフェクトの組み合わせで作ったんだ。どうやってやったかは覚えていないけど。”とコメントしている。

《Studio Equipment》

Monitor Headphone(1)
◎参考資料の動画内で確認できるテクニカのモニターヘッドフォン。人気の高い定番のモデルだ。
Sampler(1)
◎参考資料のレコーディング風景にこの機種を叩く姿が一瞬映っている。
Studio Equipment(4)
UREI 1176
created by Rinker
◎”Cry Me a River”のレコーディングで用いられたコンプレッサー。”ボーカルのシグナルはNEVEの卓に1176のインサートを経由してProToolsに入るよ、1176はとってもアタックが早いコンプレッサーだし、コンプとしてのリミッティングがしっかりできるからね。”とSOSの記事内にある。

created by Rinker
UNIVERSAL AUDIO
◎”Cry Me A River”のミックスダウン時に用いられたコンプレッサー。基本的に追加することが多いとのこと。

MXR Flanger Doubler
created by Rinker
◎”SexyBack”のレコーディングで使用されたフェイザー。メインのヴォーカルとサブのコーラスパートで使用されたエフェクト。

◎”SexyBack”のレコーディングで使用されたマイクプリアンプ。AT4060とこの機種の組み合わせでレコーディングされたサウンドだ。

参考資料

Secrets Of The Mix Engineers: Jimmy Douglass
https://www.soundonsound.com/techniques/secrets-mix-engineers-jimmy-douglass