Questlove -使用機材-

アメリカ合衆国出身で”The Roots”のドラマー。”Elvis Costello” “D’Angelo” “Jill Scott” “Erykah Badu” “Jay-Z”など錚々たる顔ぶれのミュージシャンのセッションドラマーとして活躍している。数々の名演を残してきた彼のドラミングを支える機材にフォーカスする。

使用機材

《Microphone》

Dynamic Microphone(2)
created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
◎ゼンハイザーのダイナミックマイク。Instagramのレコーディング風景でタムに立てられているのが確認できる。

◎ヤマハのサブキック。低音収録用のマイクでバスドラムの前に立てられる、ライブのセットアップで使用されているのが幾つか確認できる。

《Drum》

Drum Set(3)
◎ラディックから発売されているクエストラブのシグネイチャーモデル。小口径のキットで価格も安いため入手しやすい。”タクシーで持ち運べるような、アパートや自宅で叩けるようなキットが必要?子供に買い与える、素晴らしいクオリティの初心者用ドラムキットが欲しい?それとも学校や教会用?長年の夢がついに叶ったんだ、初めてのシグネイチャーモデルだ、素晴らしいサウンドだよ!”とInstagramの投稿でも気に入っている様子が伺える。

◎参考資料の画像に確認できるキット。

1976 Ludwig Cream Vistalite Drum Kit
created by Rinker
◎こちらもラディック製のドラム。ヴィンテージのドラムキットでD’Angeloのレコーディングで使用されたとInstagramに記載されている。
Symbals(2)
◎ジルジャンのシンバル。14インチの大きな径のハイハットを使用している。

◎こちらも同様に径の大きなモデルだ。

◎ジルジャンのクラッシュ。

created by Rinker
Zildjian(ジルジャン)
◎ジルジャンのライド。
Drum Stick(1)
◎Vic Firthからリリースされているシグネイチャースティック。インタビューがYouTubeにアップロードされている。出来る限り軽くデザインして作ったこと。手が滑りやすいので普通の木のスティックだと何度も落としてしまうため、グローブや、ジュースを手にかける(!)など色々試したんだけど、結局スティックにグリップをつけることにした。スネアドラムのエッジの部分でプレイした時に拳がスネアに当たってしまうことがあったので、長めのデザインにしたとインタビューで答えている。かなり充実したインタビューなので興味がある人は見てみよう。
Drum Heads(3)
◎レモのドラム用ヘッド。ドラムヘッドとしてかなり有名で使用者も多いモデル。レモとエンドースを結んでいるようだ。

◎レモのバスドラム用ドラムヘッド。

《Studio Equipment》

Monitor Headphone(1)
◎YouTube LiveのDJセットで着用している姿が確認できる。
Sampler(1)
◎abletonのサンプラー。Instagramの動画で使用している姿が確認できる。
DAW(1)
◎Instagramの動画で使用している姿が確認できる。
PC(1)
created by Rinker
Apple(アップル)
◎Instagramの動画で確認できる。13inchのモデルのようだ。

参考資料