MuseScoreでギターレッスン用の譜面を無料で作ったはなし

新年だし新しいことを始めようと思い立ち、ギターレッスンを始めることにしました。それでもってレッスン用の譜面を作らないといけなかったので、MuseScoreを使ってみました。

無料の譜面作成ソフト

フリーの譜面作成ソフトなんですが、めっちゃ良く出来てる!というか機能が盛り込まれすぎてて、「これが?無料?なんで?」と思うことしばしば。簡単なコード譜が必要だったのですが、それ以上に出来ることが多すぎて逆に使いたい機能を探すのに苦労するほどでした。さらに、

MUSE SCOREはTAB譜も作れます。

その上、

コードダイアグラムも作れます。

すごい、ここまで出来てなんで無料なのかわからない。簡易的な譜面だけ作って、生徒さんが増えてきたら有料の譜面ソフトでも買うかなーと思っていたんですが、簡易なギターレッスン用の譜面作成ならこれで充分。操作を調べながらだったんですが、1時間程で作成終了。

欲しかったのはコードだけ書いてあって、五線内が空欄?になっているものだったんですが、問題なく作れました。TAB作成機能も見つけたんでTABも作っとくかーという感じで作りました。

ドラム譜やオーケストラ用の譜面作成も出来るらしいです。えぐい。

聞いたのは初めてだったんですが、リリースは16年前!らしいです。歴史深いソフトでした。

レッスン始めました

レッスンするのは初の試みなんですが、コード譜と別にTAB譜も作ったら解り易いかな?とか考えるの楽しい。最初の頃TABばっかりだったなーとか色々思い出しながらですが、今度は教える側に回って新しい観点でギターと付き合っていけたらいいなと思っています。自分では教えるのめちゃくちゃ上手いと思ってるんだけど実際どうなのか調べてみます。

今年の目標に「譜面を読めるようになる」があるのでそちらも併せて頑張ります。オンラインレッスン的なのもその内出来たら素敵だなと思うので、先生の経験値貯めるぞー!

関連記事