サイトを高速化しようとしたら画面が真っ白になったので戻したはなし

なんの気無しにサイトの表示速度がどんなもんなのか試してみたところ、結構悪く、高速化すべと意気込んで色々なサイトを参照しながらパチパチしておりました。

そもそも僕はWordpressを使ってはいるものの、サイト運営は全くのど素人であるだけでなく、サイト管理用の文言においても、雰囲気しか感じ取ることができないくらいのふんわりさでサイトを運営しているのでギターと同じく耳コピならぬ目コピでブログをしてます。

プラグインあれこれ入れていたら真っ白になった

WordPressにもDTMと同じくプラグインという代物があり、サイトをエフェクティブに仕立てるために必要なのですが、これまた種類も色々、効用も様々と来て全くもって音楽用のプラグインと一緒。

なので、音楽のプラグインよろしくネットをぱちぱちしながら情報を仕入れるんですが、「このプラグインがおすすめ!」「XXXのプラグインはXXXするらしい。」みたいな、誰が書いてるんだか、一体何のアンプを使ってるんだか、どれくらいサイト運営歴が長いのかわからないので、それはもう繋いで試してみるしかない。

だいたいの感じでいうと、バッファー的な効果の物が多く、「これ意味あるんだろうか…」みたいになることが多い。アクセスカウンター!みたいな目に見えるやつとか、お問い合わせフォーム!みたいな一眼で設置されたことが解るプラグインは

「おお!これでお問い合わせを受けることが可能だ!」といった満足度の高い設置となることが多いんだけど、そんなに数は多くない、サイト運営は地味な作業を求められる。

一応幾つか試して高速化の試験を行ったところ、数項目が改善されて、試験してくれたサイトも「まぁ…いいんじゃない」みたいな数値が出たのでホッとしてたらスマホからの表示が真っ白になってました。

W3 Total Cacheが原因だった

あたふたしてもしょうがないので、とりあえず疑わしきやつをピックアップしてgoogle先生に聞いてみたところサジェストの時点で、

W3 Total Cache 真っ白

と出てたので笑いました。いや笑いごとじゃない。
設定次第で真っ白になっちゃうようなプラグイン勧めちゃダメでしょ!

なんとなく事前知識としてサイトの根幹をいじる的なことをしてるプラグインは急に止めちゃダメということを知っていたので、解決策を投入してから無効化、スマホからの表示は解決しました。僕以外の詳しい方がまとめてくれていたので調べたら出てくると思うのですが、大雑把に説明すると

  1. General Setting内のEnableになっているチェックを全部外す
  2. Miscellaneous Settings内のチェックも同様に全部外す
  3. 変更を適用してから、プラグインを停止、削除

の流れでした

アンプの電源を切る時はボリューム絞ってからね!

的なことですね。というか管理画面まで全部白くなってる例もあるらしい!そなったら本当に面倒くさいことこの上ない作業を求められるところだった。危うくサイトを失うとこでした。

高速化に使ったWordpressプラグイン

Storkのテーマを使っている僕の環境下では

  1. EWWW Image Optimizer
  2. Autoptimize

の二つで、サイト評価はだいぶ改善されました。

①EWWWは画像圧縮のソフトで、メディアライブラリ内にあるファイルを一括で編集してくれるのでとても使い易いです、入れておいて損はないと思う。

②Autoptimizeはブログ内の構文?をいじるソフトなので賛否ありましたが、僕の環境では特に表示の乱れもなく速度上昇を感じることができたプラグインでした。

でも評価値的にはまだまだ画像が重いからもっと圧縮しなさいねという感じ。適当に撮っているだけではいけないのでもうちょっと画像についての知識を入れなきゃダメですね。とはいえサイトそんなに重いのか?あんまり実感なかったんですが、とりあえず評価よくなったんで良いでしょう。もう少し知識を蓄えてから改善に努めたい。

関連記事