Xサーバーでワードプレスを独自SSL化した時に、エラーが出たら確認するところ

Xサーバーで独自SSL化した時につまづいたところをメモしておきます。

なんか独自SSLというのが良いらしいということで、軽い気持ちでSSL化しました。SSLです、SolidStateLogicです、コンソールで有名なあれです。違います。

なんかサイトのセキュリティを保護するために、サイトリンクの文頭のhttpというのの末尾にSをつけるんですって、セキュリティのSでしょう多分。一文字書き加えるだけでセキュリティが本当に守られるのかは謎ですが、m.u.t.eに遊びに来てくれる皆さんの安全を保護したい!と思ったのでSSL化しました。

音もちょっとよくなりそうな気すらします。

SSL化でつまづくところ

SSL化の説明は僕よりサイト構築に詳しい方が山ほどいて、記事を書いて下さっているので参考にしましょう。世の中には親切な方が非常に多い。

簡単に手順を説明すると

  • Xサーバーの独自SSLの項目でSSLを作成
  • ちょっと待つ
  • ワードプレス内の設定で、サイトアドレスをhttpからhttpsに変更
  • プラグインを入れてサイト内の旧アドレスを新アドレスに置換
  • 旧URLから新URLに自動的に送られるようにリダイレクトを作成
  • サイトチェック

です。何にも知らない僕でも見よう見まねでやったら成功しましたやったー。

でも一箇所だけつまづいた所があったので、それだけご紹介しておきます。

サイトチェックはFirefoxでやったのですが、端的に言うとファビコンとサイトロゴがhttpsに置き換わっておらずそこで引っかかりました。

なので、ワードプレスのダッシュボードから、外観→カスタマイズでサイト外観を決めるところ、これのサイト基本情報ってところのファビコンと、ロゴ・アイコンの所の画像を新たに設置。というか使っている画像は置き換えが済んでいるので、もう一度同じ画像を指定しなおしただけです。アップロードとかはしなくて大丈夫でした。

これで無事成功!

しました、これで皆さんの安全は保護されたも同然です!たぶん。

もし色々手続きしてみてサイトのSSL化がうまくいかなかったら、そこをチェックして見て下さいね。これでダメなら僕の知識ではどうしようもありません。

そもそもなんで文字ひとつでセキュリティが守られるんでしょうね…?

関連記事