Kindle Unlimitedを解約したはなし

Kindle Unlimitedを解約しました。

理由は目が疲れたから。

電子書籍は目が疲れますねやっぱり。これから契約するか悩んでる人は契約してタブレット端末を入手するといいと思います、iPhoneは流石に文字が小さすぎた。

Unlimitedはとても使いやすくてよかったんですが、最近色々な画面見すぎて乱視がひどくなってしまって眼鏡を手放せなくなってしまったので、紙の本に切り替えようかなということで。

解約は簡単でした、解約簡単なのはめちゃくちゃ評価できます、解約のボタン探すサービス多すぎ問題。

主にSound Recordingが読みたくて契約してたんですが、定型サイズの物は尚のことタブレット端末が要ります。いっそのことiPad Proでも買うか…。Kindle Unlimited自体に対する不満は、やっぱりレコメンドと検索のしやすさかな?読み放題の旨味がある分、雑誌数が多すぎて、検索が難しくなっちゃうこと、と、電子書籍ならではの強み?というか、新しい読書体験が味わえたら尚電子書籍の発展に寄与するのかなという感じ。予想を超える面白さはあまり無かったのは正直なところでした。

それにしてもなにかとサブスクリプション定額制が跋扈しており、学生時代購読していたギターマガジンも入っちゃう始末で嬉しい反面、なんだか製作する人達への還元の仕方を模索しないと産業ごとまるまる無くなってしまうようで、心配になっちゃいますね。雑誌ごとに定額制を導入して収益を管理したり、ファンクラブみたいに付加価値をつけて還元する方法を考えたり、人も少なくなり産業も縮小していく中で、それぞれが小さい生き方に綺麗に移行していく必要があるのかなと思います。

音楽も然り、特に個人のミュージシャンはこれから来る氷河期に向けて節約しましょうね…!

関連記事