Apple MusicとSpotifyを音質比較してSpotifyに乗り換えたはなし

Apple Musicを利用し始めて1年、すっかり手放せなくなってしまいました。

全然CD買ってない、それくらい革命的に便利。ただ、Apple Musicにえも言われぬ閉塞感を感じており、業界内注目度もspotifyに集まっている気がして、お試しで使ってみたので比較してみます。

①音質比較

音質ですが…

Spotifyのほうが良いです。

これはSpotifyプレミアムの最高音質との比較ですが、結構違います。良いというと曖昧になるので具体的に言うとトップエンドとローエンドが広いです。あとはディップが少ない、Apple Musicだと耳につく帯域があってあまり音量を上げられませんがSpotifyなら大丈夫。解像度に関しても高いディレイやリバーブが聴き取りやすいです、めっちゃ大事。

256kbpsと320kbpsの差なのですが、ビットレートというよりプレイヤーのチューニングの差な気がします。

Spotifyは音質以外にもEQが使えるのも大きいです。ヘッドフォンやイヤフォンも特性があるので、EQでほんの少し上下させてあげるとより聴きやすくなります。

iphone8にRHA MA750 wirelessの僕の環境では、subが少し強かったので60Hzを下げ、歌が引っ込んで聞こえたので2.4KHzを少し上げてバランス良く聴こえるようになりました。400hzも少し下がってますが記憶に無い。

RHA MA750 Wirelessでリスニングライフが最適化した

2018年8月1日

もしかしたらApple Musicはiphone純正のイヤホンでバランスよく聞こえるようにチューニングされているのかもしれませんね。

②検索比較

検索に関しては

Spotifyの圧勝です。

Spotifyはまずカテゴリ分けが細かく、プレイリストが良く出来てる、そしてヒットチャートのバランスが良いです。トレンドの対応が早い。

Spotifyはレコメンドも強く、目的の曲を再生した後、自動的に関連曲を流してくれます。この機能により自分の知らない曲と出会う確率が増えます。これはSpotifyが圧勝、この機能を使うためだけに乗り換えてもいいと思える程です。

③その他の比較

細かい点ですが、Spotifyは曲の停止する際にフェードアウトになります。これが凄い嬉しい!曲をシークしてる時のストレスが減ります。

あともう一つ、iOSが必要無い点!将来Androidに乗り換えた時に、そのまま設定を引き継げるのは大きな利点です。Windowsで使えるの大きなポイントになります。

比較まとめ

5Gが一般的になれば、WAVの配信も可能になると思うので、早くCD並みの音質で聴けるようになって欲しいですね。

Spotifyは現在3ヶ月プレミアム会員の機能が100円で使えます。(期限満了後は1000円/月)

とりあえずライブラリの管理とApple Musicでのモニターチェック用に両方契約してるので、もう少し様子を見てみようと思います。

関連記事


ATH-M50xはモニターヘッドフォンの決定機なレビュー

2019年1月1日